北千住とその周辺地域の賃貸物件に詳しい、おすすめ賃貸不動産会社を紹介

特徴別北千住周辺でオススメの賃貸不動産会社3選
北千住で賃貸物件を探すなら TOP » お部屋選びのチェックポイント » 賃貸物件の日当たりの重要性

公開日: |最終更新日時:

賃貸物件の日当たりの重要性

賃貸物件の日当たりが重要な理由

マリ先生

人によっては日当たりをそれほど重視していない方もいらっしゃるでしょう。なぜ賃貸物件で日当たりが重要とされるのか、その理由について知って、北千住での失敗のない賃貸物件選びへと役立ててください。

洗濯物が乾きやすい

日当たりが良い賃貸物件では、洗濯物が乾きやすいとのメリットがあります。洗濯は毎日のことなので、日当たりが悪く乾きにくい環境だとストレスになってしまうはずです。

室内が明るくて電気代が節約できる

太陽光が部屋に入り込む時間が長ければ、室内が明るくなる時間が長くなり、結果的に電気代の節約へとつながります。日当たりの悪い部屋では朝から電気をつけなくてはならないこともあり、わずかではあるかもしれませんが電気代が高くなるはずです。

カビが生えにくい

日当たりの良い賃貸物件は湿度が低く、カビが生えにくいこともメリットのひとつです。特に鉄筋コンクリート造の集合住宅は湿気がたまりやすい傾向にあるため(※)、日当たりの良さはカビ予防のために重要なポイントとなります。

参照元:URくらしのカレッジ(https://www.ur-net.go.jp/chintai/college/202004/000500.html)

日当たりの良い賃貸物件の条件

それでは日当たりの良い賃貸物件とはどのようなものでしょうか。日当たりの良い賃貸物件を選ぶには、次のようなチェックしておきたい条件があります。

窓の方角

日当たりの良い賃貸物件を選ぶ際に、まず確認したいのが窓の方角です。東向きであれば朝日がたっぷりと差し込み、南向きなら部屋の中に日差しが差し込む時間が長くなります。西向きの窓からは西日が差し込むので、昼以降から活動し始める方に向いています。北向きは1日を通して日光が入りづらい方角です。

窓の大きさ

窓の方角が東や南向きであっても、大きさの小さな窓では十分に日光が入り込みません。窓は大きいほど日当たりが良くなるので、賃貸物件を選ぶ際には部屋だけでなく窓の大きさもしっかりと確認しましょう。

周辺の建物

賃貸物件の日当たりには、周辺の建物も影響を与えます。たとえば南向きの大きな窓がある物件であっても、南側に高いビルが建っていれば日照は期待できません。特に1~2階などの低階層では、周辺の建物によって日照が左右されがちです。

日当たりの悪い賃貸物件に住むときの注意点

もし日当たりの悪い賃貸物件に住む場合、次のようなポイントに注意しましょう。

色や鏡を利用して室内を明るくする

白やベージュなど明るい色でインテリアを統一して、大きな鏡を設置すると日当たりの悪さをカバーできるはずです。明るい色や鏡は光を反射して、室内に光を取り入れてくれます。

頻繁に換気をする

日当たりの悪い賃貸物件は湿度が高くなりやすいため、カビを予防するために頻繁に換気をすることも忘れないようにしてください。

特徴別北千住周辺でオススメの賃貸不動産会社3選
特徴別北千住周辺でオススメの賃貸不動産会社3選