北千住とその周辺地域の賃貸物件に詳しい、おすすめ賃貸不動産会社を紹介

特徴別北千住周辺でオススメの賃貸不動産会社3選
北千住で賃貸物件を探すなら TOP » お部屋選びのチェックポイント

公開日:|最終更新日時:

お部屋選びのチェックポイント

マリ先生

こちらのカテゴリではお部屋選びのチェックポイントについてまとめました。また、古い物件と築浅物件のメリットとデメリットもお伝えします。

内覧で確認すべきポイント

内覧は見るだけじゃなくてチェックも必要
お部屋探しで一番楽しい内覧♪でも、いろんなお部屋を見て回って楽しかった!で終わってしまうと勿体ないですよ。内覧時にチェックするポイントを知っておくと、お部屋選びがスムーズになるのでおすすめです。

女性のひとり暮らしの防犯対策ポイント

防犯対策はやっておいて損はありません
空き巣や泥棒、ストーカーや不審者など女性の楽しいひとり暮らしを脅かす人たちがいます。不審者に狙われないようにするにはどうすればいいのか調査してきました。お部屋を選ぶときから、防犯は始まっています。

女性のひとり暮らしで考えるべき賃貸部屋の防犯対策のポイントについて詳しく見る

二人暮らしで失敗しないポイント

楽しく幸せなふたり暮らしをするコツ
楽しいふたり暮らしを実現させるためには、まず賃貸物件選びを成功させなければなりません。ここでは、そんなふたり暮らしならではのお部屋選びチェックポイントをまとめてみました。幸せいっぱいのふたり暮らしをスタートさせたい方はぜひ参考にしてください。

2人暮らしで失敗しない賃貸部屋選びのポイントについて詳しく見る

北千住で1人暮らしをするなら押さえておきたいポイント

北千住は一人暮らしをしやすい街でもあります。自分の好みに従って、ワンルーム、1K、1DK、2DKといった間取りから選択賃貸物件を選びましょう。一人暮らしを始める際の初期費用や治安や近隣情報を事前に集めておくことで、トラブルなく一人暮らしを始めることができます。

北千住で1人暮らしをするなら押さえておきたいポイントについて詳しく見る

ペット可の賃貸物件を選ぶポイントは?

賃貸物件でペットを飼うためには、事前にペットの種類や頭数が問題ないか、ペットが物件に損害を与えてしまった場合はどうするか、近隣住民に迷惑はかからないかなどを確認し、多少費用がかかってもペットと一緒に住みやすい環境が整っている場所へ引っ越すのが良いでしょう。

ペット可の賃貸物件を選ぶポイントは?について詳しく見る

古い物件と築浅物件って何が違うの?

ここからは、お得に借りられる古い物件と築浅物件についてお話します。ひとり暮らしやふたり暮らしにスポットをあてて、メリットやデメリットを紹介しているので、お部屋探しの参考にしてくださいね♪

古い、築浅、新築…用語の基礎知識

古い物件…築年数が20年から30年以上経過している物件のこと。意外と基準はざっくりしているようです。

築浅物件…建てられてから2年以上5年以下の物件によく使われる言葉です。誰かが一度は住んでいた物件にも使われます。

新築物件…建てられて1年未満、かつ誰も住んだことがない物件のこと。誰かが住んでいたら、1年以内だとしても中古物件になります。

中古物件…誰かが住んだことのある物件。築年数は1年以上経過していることが多い印象。古い建物でなくとも使われる言葉です。

メリットで比較

古い物件 ・家賃が安いものが多い
・リノベーション物件なら内装は新しい
・IHではなくガスコンロが設置されていることが多い
築浅物件 ・新しいので外見も内装もキレイ
・設備も新しいものがそろっている
・新しい分長く住み続けることができる
・ネットワーク環境が充実している
・新築と変わらなくても家賃は割安

古い物件の最大のメリットは家賃が安いこと。生活資金をなるべく抑えたい人に向いている物件です。リノベーション済みであれば、内装も築浅物件と変わらないかもしれませんね。また、古い物件のキッチンにはIHではなくガスコンロが設置されていることが多いので、火力の高い料理をしたい方は要チェックです。

築浅物件は新築と変わらないキレイな外観や内装、そして新しい設備がそろっていることがメリットです。内覧のときには、設備や住みやすさをチェックしておきましょう。

また、家賃は新築物件に比べると安い傾向にあります。新築に住みたい!と考えている方は築浅物件も視野に入れるといいかもしれません。

デメリットで比較

古い物件 ・気密性が低い
・クローゼットではなく押入れ
・設備が古い
・お風呂がタイル張り
築浅物件 ・古い物件に比べると家賃が高い
・経年劣化による欠陥が見つかることも
・シックハウス症候群のリスクがある

古い物件のデメリットの1つ、気密性の低さとは、エアコンが効きにくかったり隙間風が入ってきたりすること。暑さ寒さに弱い古い建物の証拠です。エアコンの効きの悪さは、電気代が心配になりますね。設備の古さが気になるところですが、逆に言えば趣のある内装とも言えます。

築浅物件のデメリットは古い物件と比べて家賃が割高であること。また、新しい建材を使っている分シックハウス症候群のアレルゲンが残っていることがあります。これは、定期的に換気すると防げるようです。築年数が浅いほどリスクが高いので、気になる方は少し年数が経っている築浅を選んだ方が良いかもしれません。

まとめ

古い物件と築浅物件、それぞれにメリットとデメリットがありました。1人暮らしで出費をなるべく抑えたいのなら古い物件、キレイで最新設備が充実しているお部屋に住むなら築浅物件と、重視するポイントをしっかりと自分の中に持ってお部屋探ししましょうね。

北千住で押さえておきたい賃貸の立地条件

北千住で賃貸物件を選ぶ際には、築年数に限らず、まずは立地条件を確認しておくことが大切です。以前は治安が悪いと言われていた北千住ですが、最近は学生も増えて治安が改善されていると言います。周辺エリアの環境についてチェックしましょう。

北千住で押さえておきたい賃貸の立地条件について詳しく見る

1人暮らしするために賃貸に必要な設備

北千住で1人暮らしするための賃貸物件を選ぶなら、設備にこだわることも大切です。いくら賃料が安くても、設備が整っていなくては日々の生活にストレスを感じてしまいます。1人暮らしでぜひ備わっていてほしい設備を紹介します。

1人暮らしするために賃貸に必要な設備について詳しく見る

オール電化の賃貸物件

オール電化とは、一般住宅内で使用される冷暖房設備や給湯設備などについて、エネルギー源を電気のみに統一することを指します。近年、省エネや災害対策などの点でオール電化が注目されており、オール電化の賃貸物件にどのようなメリットがあるのか、またデメリットについても詳しくご紹介します。

オール電化の賃貸物件について詳しく見る

賃貸物件の建築構造

賃貸物件を選ぶときは、建築構造ごとの特徴をチェックし、防音性や気密性などの求める条件に合っているかどうかを調べましょう。木造・鉄骨造・RC造・SRC造の4種類について、それぞれのメリットとデメリットを比較することも大切です。賃貸物件選びに役立つ建築構造についてみていきましょう。

賃貸物件の建築構造について詳しく見る

賃貸物件の共益費・管理費の目的や費用相場

北千住で賃貸物件を選ぶ際には共益費・管理費を確認することも大切ですが、やはり敷金・礼金・家賃も含めた総額の確認も欠かせません。賃貸契約における共益費・管理費の相場など、物件選びに役立つ情報について見ていきましょう。

賃貸物件の共益費・管理費の目的や費用相場について詳しく見る

賃貸物件の日当たりの重要性

賃貸物件では日当たりの良さが重要です。日当たりの良い物件にはさまざまなメリットがあるので、ご自身のライフスタイルも考慮した上で日当たりの良い部屋を選びましょう。日当たりの良さの重要性や日照の良い物件選びのポイントについてご紹介します。

貸物件の日当たりの重要性について詳しく見る

賃貸物件の階数を選ぶポイント

賃貸物件を選ぶにあたり、部屋の階数が低いところと高いところ、それぞれで好みや希望をもつ人がいると思いますが、部屋の階数に応じてメリットとデメリットは異なります。また防犯においての注意点も変わってきますので、自分の希望とメリットやリスクを考慮したうえで選ぶことが重要です。本記事では、賃貸物件の階数を選ぶポイントについて詳しく解説しています。

賃貸物件の階数を選ぶポイントについて詳しく見る

賃貸物件の防音性能と内覧時のチェック方法

賃貸物件に居住するうえで、防音性能を重要視する人は多いのではないでしょうか。音楽をやる人はもちろん、昼夜逆転型で日中に睡眠をとる人、生活音が気になりやすい人は防音性能の高い物件がおすすめです。本記事では、賃貸物件で防音性能の高い部屋を希望する際にチェックしておきたいポイントについて詳しく解説しています。

賃貸物件の防音性能と内覧時のチェック方法について詳しく見る

特徴別北千住周辺でオススメの賃貸不動産会社3選
特徴別北千住周辺でオススメの賃貸不動産会社3選