特徴別北千住周辺でオススメの賃貸不動産会社5選
北千住で賃貸物件を探すなら TOP » お部屋選びのチェックポイント » 北千住で1人暮らしをするなら押さえておきたいポイント

北千住で1人暮らしをするなら押さえておきたいポイント

北千住で一人暮らし!家賃の相場や注意点は?

一人暮らしの家賃の目安は?

一人暮らしをする場合、まずは物件を探さなくてはなりません。そういった時、あなたはどのような条件で物件を絞りますか?間取りや場所など色々な条件がありますが、多くの人はまず家賃で絞ることでしょう。

家賃で絞る場合の目安として、一人暮らしの場合、一般的に月の手取り額の3分の1以下に抑えるのが理想です。ここで大事なのは、月収ではなく、手取り額というところです。額面上の月収だと、住民税や社会保険料などの費用が引かれていないため、月収の3分の1が家賃だとかなり多くのお金を当てることになってしまい、日々の生活に支障が出たり、突然の病気や移動に対応できなくなってしまう可能性があります。あ

くまで目安ではありますが、家賃は手取り額の3分の1以下となるように設定しましょう。もちろん、自分は家族から生活に必要な食糧が届くから食費はほとんどかからないという場合や、家賃補助が会社から月1万円出るという場合は、もう少し家賃を上げることができるかもしれません。それぞれの状況を加味して自分に合った家賃を計算してください。

一人暮らしする場合に住みやすい間取りは?

一般的に、一人暮らしする場合に住みやすいと言われている間取りが4種類あります。生活に使う部屋が全て1つにまとまっているワンルーム、ワンルームにキッチンの仕切りがある1K、1Kにダイニングルームがある1DK、さらにリビングルームがある1LDKの4種類です。それぞれ、住みやすいポイントやどのような人に向いているのかがあるので、紹介していきます。

ワンルーム

ワンルームの特徴

ワンルームは、その名の示す通り1つの部屋に全てがあるタイプの部屋を指します。キッチンやベッドを置く寝室、食事をするリビングルームといった区別がなく、1つの部屋の中にあります。ドアでの仕切りがないため、キッチンで料理をした場合の匂いや音が気になる一方、仕切りとなるドアがないため、大きな荷物や家具を自由に配置することができます。

平均的な広さは6~9畳程度で、平米数に直すと13~20m2となります。ベッドや机、テレビをポンと置くことができます。その他の大きな荷物を置く場合は工夫が必要となる可能性があります。

ワンルームはどんな人におすすめ?

ワンルームはキッチンと居間の仕切りがないため、空間を広く取ることができます。自分なりのレイアウトにしたいという人には向いている間取りという事ができるでしょう。但し、部屋のサイズは大きくないため、荷物が少ない人にも向いていると言えます。また、家賃は他のタイプの間取りと比べると安いため、家賃を抑えたいという人も向いています。

料理をあまりしない人や音なども気にならないのという人にも向いていると言えるでしょう。

1K

1Kの特徴

1Kは部屋のキッチン+玄関と居間の仕切りがあるタイプの間取りです。ドアがある分、家具やインテリアを置くペースはワンルームと比べると限られてきます。しかしながら、居間自体はキッチンと玄関見えないようになっているため、料理をした際の匂いや音、さらにはドアの外の音などは入って来づらいため、落ち着いた空間になるでしょう。

1Kも平均サイズは6~9畳(13~20m2)となります。ワンルームと比べて解放感は少しなくなります。

1Kはどんな人におすすめ?

1Kの特徴はなんといってもキッチン+玄関と居間の仕切りがあることです。友人が玄関先まで来た場合などでも居間は見えないため、プライベート空間を確保したいという方に向いているでしょう。また、料理を良くするけれども、料理の匂いや外部の音などが気になるという方にも向いています。

一般的にはワンルームよりも少し家賃が高くなりますが、大きな差とはならないため、家賃を抑え目にしたいという方にも向いています。

1DK

1DKの特徴

1DKは1Kに比べて、ダイニングが追加された間取りとなります。キッチンスペースにダイニングテーブルを置くことができるようになっているのが一般的で、食事をするスペースと寝るスペースが分かれることになります。

ダイニング・キッチンスペースが4.5畳から8畳未満の広さがある物件が1DKと定義されています。寝室スペースはキッチンと別れているので食べ物の匂いがこもることはありません。また、1DKの間取りは80年代に建てられた物件に多く、築年数が古い可能性があります。また、築年数が古いことで家賃が低くなっているケースもあるようです。

1DKはどんな人におすすめ?

1DKはワンルームや1Kと比較すると部屋が大きいため、空間を広く取りたい人や荷物の多い人に向いていると言えるでしょう。また、料理をよくする、食べ物の匂いが寝室に広がるのが嫌だという人にも向いています。

玄関からは寝室が見えないため、友人が玄関先に訪れた場合でも、プライベートな空間を確保することができます。また、築年数が古く、家賃が低い1DKについては、部屋をできるだけ大きくしつつも家賃を抑えたいという人に向いています。

1LDK

1LDKの特徴

1LDKは、1DKに比べてリビングが追加されたものです。一般的にはダイニング・キッチンスペースにリビングスペースが含まれます。1DKのダイニング・キッチンスペースが4.5畳から8畳未満だったのに対し、1LDKの場合は8畳以上の広さがあるものを指します。こちらも寝室と、食事や居間となるスペースが分かれているので、食事の匂いや玄関外の音が気にならないです。

1LDKタイプの部屋は2000年代になってから建った物件に多く、築年数が浅いため、家賃も高めなのが特徴です。当然、地域やその他の設備状況に依りますが、1DKと比較すると家賃は高いことが多いでしょう。

1LDKはどんな人におすすめ?

1LDKはワンルーム、1K、1DKと比べてかなり広いため、部屋を広く使いたい人や荷物が多い人に向いていると言えるでしょう。当然、手取り額もそれなりにある人が対象となってきます。

一般的に、築年数が浅いことが多く、設備が新しいため、そういった条件を重視する人にも向いています。また、誰かと住んでも余裕があるため、将来的に同棲を考えている人や友人が頻繁に泊まりにくるという方にも向いていると言えます。

一人暮らしする場合に掛かる家賃以外の初期費用

部屋を借りる費用

部屋を借りるには家賃以外に、敷金、礼金、仲介手数料、火災保険料の4つの費用を考慮する必要があります。敷金は、保証金(デポジット)として賃貸物件のオーナーまたは管理会社に預けておく費用となります。預けておくだけですが、退去時にクリーニングや修理などの原状復帰に使われることが多いです。

原状復帰にかかった費用を差し引いた金額が退去後に戻ってくることになります。一般的には家賃の1~2か月分というケースが多いようです。次に礼金ですが、こちらはオーナーに謝礼として渡すものとなるので、退去しても返却されるわけではありません。こちらも家賃の1~2か月分というケースが多いです。

仲介手数料は、賃貸物件を扱っている不動産屋を介して契約をする場合、不動産屋に払う費用です。一般的には家賃の1か月分のケースが多いです。上記で紹介した敷金、礼金、仲介手数料は不動産屋のキャンペーンや、オーナーの方針によってゼロとなっている場合もあります。事前によく確認して下さい。

最後に、火災保険料ですが、入居した家が火事などの被害にあった場合に保証してもらうための保険料です。入居時に一度払い、部屋の更新時にも支払いがあるケースが多いです。

引越しする費用

当然、引っ越しにも費用が発生します。引っ越し業者を使う場合、引っ越しをする時期に気を付けてください。一般的には、荷物の量によって使うトラックのサイズが決まり、引っ越し先の場所までの距離によって値段が決まりますが、新社会人や大学生が移動する春先は値段が高くなります。また、上層階への引っ越しで荷物がエレベーターなどで運べない場合はプラス料金を請求されることもあります。初めて引っ越しをする場合は荷物が少なければ、友人や家族に手伝ってもらうというのも1つの手でしょう。

家具・家電を揃える費用

一人暮らしを始めるにあたり、生活に必要な家具や家電も揃えなくてはなりません。料理をするかどうかにも依りますが、冷蔵庫や電子レンジ、炊飯器といった家電に加え、洗濯機やテレビ、照明、掃除機、ドライヤーなどは揃える必要があります。合計すると約10万円の費用がかかるのが一般的です。また、ベッドやテーブル、カーテン、椅子、テレビ台などを揃えると5万円程度かかるようです。

その他

その他はキッチン用品や掃除用具、食器などを揃えると便利です。また、必要に応じて鍵の交換に費用がかかったり、保証会社の利用料金も発生する可能性があるので、注意が必要です。

一人暮らしする場合に押さえておきたい暮らしのポイント

治安と防犯

一人暮らしをするにあたって、特に女性は治安と防犯にも気を付けてください。事前に不動産屋に周辺の治安情報を聞いたり、警察の公開している犯罪情報を確認するのが良いでしょう。また、2階以上の物件やオートロック、洗濯機や物干しが部屋の中にもあるタイプは防犯としても良いでしょう。

ご近所さん事情

新しい場所へ引っ越して問題となることが多いのは、ご近所さんとのトラブルです。こちらも事前に不動産屋に確認するのが良いでしょう。近所にどういった物件や施設があるのか、以前に問題になったケースはないかを確認してください。

買い物のしやすさ

買い物のしやすさも大事なポイントです。近くに安いスーパーがあるか、24時間やっているコンビニがあるか、薬局はあるかなど、実際に生活することを想定してみてください。家賃を抑えるよりも、安く買い物ができるかどうかを確認して、トータルでのコストを比較するのが良いでしょう。

交通機関はあるか

借りようとしている家から徒歩または自転車などでどのくらいの距離に交通機関があるのかを確認することも大切です。せっかく家賃が安くても、最寄り駅までの移動手段がなかったり、会社や学校への通勤通学が困難では元も子もありません。

医療機関はあるか

人は元気な時には医療機関が近くにあるかどうかはなかなか気にしません。しかし、医療機関が必要となるのは突然の場合が多いです。風邪やインフルエンザにかかってしまった場合、信頼できる医療機関が近くになければわざわざ時間をかけて移動しなければなりません。体調が悪い場合は、なかなか難しいでしょう。医療機関の有無も不動産屋が把握していることが多いので、契約前に確認をしましょう。

特徴別北千住周辺でオススメの賃貸不動産会社5選
特徴別北千住周辺でオススメの賃貸不動産会社5選