特徴別北千住周辺でオススメの賃貸不動産会社5選
TOP » お部屋選びのチェックポイント » 女性のひとり暮らしで考えるべき防犯対策のポイント

女性のひとり暮らしで考えるべき防犯対策のポイント

賃貸物件暮らしを始める前に女性が覚えておきたい防犯対策

このページでは、ひとり暮らしをするときの防犯対策について調べたことをご紹介。治安が良いと言われる地域でも、女性の1人暮らしは気を抜かないことが大事です。

空き巣や泥棒から家を守る

マリ先生

お金や家財だけでなく、女性なら下着泥棒にも気を付けなくていけません。空き巣や泥棒に入られないようにするためにできる対策を紹介します。

女性でもできる泥棒対策

お部屋探しのポイント

ひとり暮らし中のポイント

泥棒が入りにくいお部屋にすることが大切です。侵入経路になりにくい位置の部屋を選んだり、開けにくい鍵を設置したりすることで被害を防げます。泥棒は適当に選んだお家に入るのではなく、下見をしているそう。その過程で行動パターンが知られてしまうわけですね。なので、適度にいつもとは違ったパターンの行動をとったり、男性とふたり暮らしのように装ったりすることが効果的と言われています。

また、下着の盗難に合わないように、洗濯物は干しっぱなしにしないこと。なるべく室内に干すようにしましょう。

ストーカーや不審者から身を守る

ストーカー加害者の7割は元恋人や知人など顔見知りというデータがあります。ストーカーや不審者から身を守るには、1人でいる時間を少なくしたり、安全に配慮したりといった心がけが大切です。

女性がとるべきストーカーや不審者対策

普段の行動のポイント

防犯グッズを使用する

夜道は危険と隣り合わせです。治安が良いと言われている場所でも、気を抜かないようにしましょう。遠回りでも、明るい道があればそちらを選んでくださいね。

さらに、防犯グッズも使用すると◎。ただし、相手を攻撃するようなグッズは取り上げられてしまうと反撃に使われてしまう恐れがあるので注意してください。

地域に詳しい不動産屋さんで物件を探す

マリ先生

こうした被害に合わないためにも、地域のことに詳しい不動産屋さんを頼りたいところ。ひとり暮らしは不安がつきものなので、誠実に対応してくれる不動産屋さんを探しましょう。

北千住のおすすめ賃貸物件探しはこちら

特徴別北千住周辺でオススメの賃貸不動産会社5選
特徴別北千住周辺でオススメの賃貸不動産会社5選